交流会

神経芽腫の会は、3か月に1度を目安に、定期交流会を開催しています。


できるだけお子さんも参加できるように…。

また、保護者だけでなく当事者も含めて、「話す」ことで、「手放す」ことを目標にして開催しています。また、仲間同士繋がり、互いに情報を得られる場所として、みなさんに参加していただいています。


ぜひ、足を運んでいただけたら、ともに泣いたり、笑ったりしながら、きっと笑顔でお帰りいただけると思います。

過去の交流会開催

第1回 2014年 6月15日(日)@JR浅草橋駅 がんの子どもを守る会

第2回 2014年10月5日(日)@JR池袋会 げんき村

第3回 2015年 2月15日(日)@JR大塚駅そば 

第4回 2015年 6月20日(土)オヤジの会 @八重洲

第5回 2015年11月  1日(日)@JR浅草橋駅 がんの子どもを守る会

第6回 2016年  3月21日(日)@JR浅草橋駅 がんの子どもを守る会

参加者の声


不安・悩みが共有でき、とても有意義な時間を過ごせました。次回も参加させてください。

 

 今日、初参加させていただきました。来る前は緊張していましたが、話し始めると、あっという間に時間が過ぎました。同じ病気と戦って頑張っている人達がいて励みになります。次回もまた参加させてもらいたいです。勇気をたくさんもらいました。ありがとうございます。

 

 病院によって状況が違うこと、治療後の腎臓のダメージの話、いろいろ聞けてよかったです。今、腎臓の事が気になるので、ゆっくり聞けたらなと思います。同じ話を共有出来るので、嬉しかったです。

 

 毎回楽しい会を有り難うございます。仲間が居るのは本当に心強いです。先を走る仲間、これから治療に励む仲間、みんな頑張りましょう!

 

 経験者の方やその親御さんがこられていて、直接話が聞け、交流や情報が得られて本当に良かったです。本日は参加出来て良かったです。ありがとうございました。

 

 本日も参加させていただき、ありがとうございました。受け入れ!! 親と子供達、病気の受け入れだけではなく、成長していく中での様々な問題にぶつかった時の「受け入れる事」が大切で、大変だと思いました。仲間は必要で、前に進む為にも、心の中を話せる聞けるこの会に感謝しています。

 

 同じ病気の子供を持つ方々と話しをすることが出来て良かったです。治療の話しや、今後成長することによって出てくるだろう壁(問題)について知ることが出来て勉強になりました。みなさん色々な状況でも力強く同じ病気と闘っていることに勇気付けられました。仲間に出会えて本当に良かったです。

 

 入院当時の親の気持ちを聞けた(病気の否定、受け入れ、闘病)ことが、経験者とは異なる(幼いので気にせず、大きい病気なんだな)ことを改めて気がつきました。人が成長すると、いろいろな人と関わります。自分以外の人に説明する大変さがあります。