神経芽腫は白血病や脳腫瘍に次いで多い小児がんで、小児の腹部にできる代表的ながんです。

5歳以下で発症することが最も多く、自立神経の一種の交感神経がある副腎(両側の腎臓の上にある)や脊髄の近くなど体の背中側から発生します。また、交感神経節は首から骨盤まで続いているので、お腹の部分だけでなく、頚部、胸部、骨盤からも発生します。

 

初期の段階では、ほとんどが無症状です。健診で偶然に見つかったり、胸のレントゲン写真を撮った時に偶然発見されることもあります。しかし、半数以上の方は腫瘍が転移を起こし、転移による症状で発見されます。たとえば、骨への転移による手足の痛みのために歩き方がおかしくなったり、目の奥の骨に転移すれば瞼が腫れたりします。発熱や顔色不良、不機嫌、元気がないなど漠然とした症状が続くこともあります。