レチノイン酸要望書提出に関するお願い

このたび、公知申請されている

「レチノイン酸(アクタン/アキュタン/ロアアキュタン)」の要望を、

神経芽腫の会として提出することにしました。

 

多くの方々のお声を頂戴したいと思います。この件に関してご賛同いただき、厚労省へとご要望のある方は、ホームページのお問い合わせフォームよりご意見をお送りください。お待ちしております。(6月中旬頃まで)

 

 

交流会ではこの件についても、直接お話をお伺いしたいと思います。多くの方のご参加をお待ちいたしております。

 

公知申請(こうちしんせい)とは、承認済医薬品適応外処方について科学的根拠に基づいて医学薬学上公知であると認められる場合に、臨床試験の全部又は一部を新たに実施することなく効能又は効果等の承認が可能となる制度である。wikipediaより (かみ砕くと、エビデンスがあり、公に知られているが、日本国内で適用外の薬を、使用できるようにすること。)

 

***************************************************

13cisレチノイン酸(イソトレチノイン/商品名:アクタン・アキュタン・ロアアキュタンなど)とは、小児がん:神経芽腫の維持療法(持続療法の後で行う)として用いられる薬です。

維持療法とは高リスク群神経芽腫の患児の多くが再発を経験するので、医師は抗がん剤を追加投与し、持続療法の後にまだ残っている少量の腫瘍細胞の除去や腫瘍の縮小を目指した治療を行います。これらの治療は、未熟な腫瘍細胞を分化成熟させたり、患児の免疫系を強化したりすることで、典型的な化学療法とは異なる作用をします。

米国では現在、高リスク群神経芽腫の患児に対して、維持療法の一つとして治療が行われていますが、現在、日本では「※13cisレチノイン酸」は神経芽腫の治療薬として認可されておりません。

 

13cisレチノイン酸(イソトレチノイン)は…経口(※訳注:内服)レチノイン酸が、急速に分裂する未熟な腫瘍細胞を成熟した神経細胞へと変える(分化と呼ばれます)ことが発見されました。 

参考URL

 

CureSearch(小児がん患者とご家族のために小児がん専門情報サイト)http://www.childrenscancers.org/1140