熱中症対策に!手作り経口補水液

早いもので会の発足から4ヶ月が経ちました。

新しいことを始めると、新しい出会いがあり、忘れかけていた緊張感もあり、背筋を伸ばし、とても心地よく感じられた4ヶ月でした。

 

お子さんたちも保育園、幼稚園、小中学校、高校大学と、新年度は緊張しながら過ごし、1学期の間にそれぞれ頼もしく成長したのではないでしょうか。

3期制の学校は新年度初めての通知表でしたね。

子どもたち、とにもかくにも「よく頑張りました」ね。

 

そしていよいよ夏休みが始まりましたね。長い期間ですが、生活のリズムを崩すことなく、健康に過ごして欲しいなと思います。

 

関東も本日、梅雨明けしましたね。

熱中症で搬送される方は、梅雨明けしたすぐと、お盆の暑さが戻る頃に多いそうです。

 

神経芽腫の治療中、治療後のお子さんには、腎機能不全を抱えたお子さんが少なくありません。脱水は命にも関わります。水分補給をこまめにして、お子さんだけでなく、ご家族の方も熱中症にはお気をつけてお過ごしください。


大量に汗をかいたときは、水分だけでなく塩分の補給も大切です。

スポーツドリンクがないときは、自宅で経口補水液を作ってみませんか。
適度にナトリウムが補給されるので熱中症対策に有効です。

【経口補水液の材料】
・水1リットル
・砂糖大さじ4と2分の1
・食塩小さじ2分の1

【経口
補水液の作り方
材料を混ぜて砂糖と塩をよく溶かします。
仕上げにレモンやグレープフルーツなどの果汁を入れるとさらに飲みやすくなります。