【講演会のお知らせ】 都立小児総合医療センター院内患者会「菜の花の会」より

 

講演テーマ

「病弱児教育・地元校との関わり方」

 

   講 師 斎藤 淑子 先生


開催日:平成27年10月25日(日)

時 間:13:30-15:30(開場13:00)

場 所:東京都立小児総合医療センター 1F講堂フォレスト

(府中市武蔵台2-8-29 最寄駅 JR西国分寺駅から病院までバスが頻繁に出ています)





<斎藤淑子先生のご紹介>

1952年生まれ。

1979年 東京都立大学大学院修士課程修了。

80年より都立養護学校の教諭となる。

ご子息との闘病生活の体験から病院内教育・保育の重要性を痛感し、93年より小児病院内の分教室、02年より大学病院内の分教室に勤務。

89年より「国立国際医療センター・子どもと共に歩む会」の役員として活動。

全国病弱教育研究会会員。


『病院で子どもが輝いた日 ひろがれ! 入院時保育』

の著者のお一人でもあられます。

著者/編集:斎藤淑子先生、坂上和子先生

 



*********************************


 

主 催:菜の花の会

共 催:東京都立小児総合医療センター 血液・腫瘍科

 


参加費無料・申込不要・どなたでもご参加いただけます。

 


お問い合わせは、菜の花の会ホームページ〝お問い合わせ〟フォームよりメールをお送り下さい。

http://nanohananokai.jimdo.com

 

 

 

詳細は下記ポスターをダウンロードしてもご覧いただけます。


 

東京都立小児総合医療センター 院内患者会 菜の花の会第2回講演会
第2回講演会ポスター#2.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 2.4 MB