第3回サマーキャンプ2018のご報告

7月21日~22日

@キープ清泉寮キャンプ場<山梨県>
第3回サマーキャンプを開催いたしました。

 

このサマーキャンプは、NOP法人ゴールドリボンネットワークさんからの助成金のおかげで開催が出来ています。でもこちらの助成金、毎年必ずいただけるわけではありません。

今年は決定が2月に入ってからで、それから施設探しだったので、受入れ先が見つからず開催が危ぶまれました。そこに「キャンプ場だったら調整出来ます」と、お声がけいただいたのがキープさんでした。

 

という経緯で「キャビン宿泊に挑戦!」となりました。

患者会という性質上、環境面、安全面、衛生面に考慮しながら計画をしています。

キャビンはハードル高いかな・・・と思いましたが、第1回開催の際にこちらの「キープ自然学校」にお世話になり、とても手厚い配慮に信頼を置いていました。
今回も相談の段階から「下見に来て見てから決めていいですよ」と、終始親切丁寧なスタッフのみなさんの寄り添いのおかげで無事に終えることが出来ました。

まだまだ素人運営陣は、たくさんの方のおかげで何とか開催に漕ぎ着けています。

有難い限りです!

 

今年も子どもたちも親御さんも、笑顔いっぱいの夏でした(^^)⭐︎

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

<参加者>

会員ご家族 7組

医師 1名

総勢 20名

今年は「自然にふれあおう〜」

 

ということで、特に観光やイベントは入れませんでした。

 

到着してみなさんとご挨拶。

オリエンテーション後は「紙飛行機大会」!

 

下見に伺ったときに、担当のKさんと「この大草原で紙飛行機を飛ばしたら楽しいですよね〜」と話してから、私(浦尻)の妄想は勝手に盛り上がり、プログラムにちゃっかり入れちゃいました(笑)

それを「楽しそう」と快諾してくれる共同代表の関口さん♪

そうと決まったら、プロペラ機もあったら楽しいんじゃない〜シャボン玉もやろ〜1等賞にはメダルかな〜トロフィーあったよ! あ〜予算オーバーしちゃう(><)と、やっぱり盛り上がり(笑)、「楽しい」を共有できる仲間って力になります!

1等賞は小学1年生のAくんでした☆

 

毎年車で来られるみなさんにも、分担で買い物をお願いしています。

「花火は打ち上げとかは大丈夫ですか?」

「紙飛行機用の折る紙、持って行きますよ」

「麦茶と緑茶、スポーツドリンク、りんごジュースで足りますか?」

みなさんが子どもたちが楽しめるようにと、またこの夏の酷暑を考えてくれて、ほんと有難くて、心地よい素敵な仲間ばかりです。 

 

 

2日目にちょっと夏休みの宿題に協力プログラム。

自然ふれあいセンターで「森のお散歩 クイズラリー」

一番簡単なコースにしたのに、結構な難問!

サバイバーのU先生にヒントをもらいながら、何とか時間内に全員ゴール!(?)

 

その後、キャンプ場に戻って「バター作り」

スプーン1杯のバターを作るのに必要な牛乳の量やシェイクの労力

牛乳ならどれでもバターが出来るわけじゃないことなど

クイズやイラストを使って、小さな子どもたちにもわかりやすい説明でした。こちらも夏休みの宿題に役立ったかな〜

 

夜はDrを交えて親睦会。

病院間を超えてフォローアップのことを共有したり、仲間からの言葉で気づくことがあったり、普段は聞けないことを医師に相談も出来て、有意義な懇親会でした。

 

大人たちが真面目タイム中の子どもたちのお相手は、子どもから絶大な人気のYパパが担当。

子どもたちのパワーに負けない元気さに感服です。

ちょっと思春期の年頃さんたちは、サバイバーU先生の出番。

いつもは朝寝坊?の子どもたちも、友だちといると早起きで朝の散歩♪

ここでは子どもたちが自主的につながりを深めていました。

子どもたちをみていて、これから成長していく過程で「仲間がいる」

そのことを知っていてくれるだけでいいと、患者会のキャンプの意義を感じました。

 

ゆっくり仲間との時間を共有した2日間でした。

皆さんのお力添えのおかげで、第3回のサマーキャンプも無事に終えることが出来ました。

「ありがとうございました」

帰りにみんなで食べたソフトクリームは格別でした♪

 

毎年「今年は開催出来るかな。。。」

と一年一年何とか開催できているのが実情ですが、宿泊が毎年は無理なら今年はデイキャンプでBBQは?などと、みなさんと一緒に考えて「出来ることを」続けていけたらと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m